開繊糸製織装置により、経糸、緯糸に開繊糸を用いた織物を製作することが可能となります。経糸は、予め開繊しリールに巻いたものを設置、緯糸は、リアルタイムに開繊しながら供給するという形になります。標準的な平織の他、綾織、朱糸織等、あらゆる織り方にも対応致します。通常の織機のように、緯糸に筬打ちをするといった織り方ができないため、現時点での速度は、1分間に7ピックス前後となります。また、経糸の幅、出力幅も、基本的に固定となります。参考標準仕様は、以下の通りです。

・対象繊維: 炭素繊維 12K
・経糸本数: 50 本(MAX)
・開繊幅: 20mm(MAX)
・出力: 1000mm(MAX)
・速度: 7 ピックス/min(MAX)
・参考外寸: 幅: 3000mm 高さ: 2000mm 奥行: 3000mm
・電源: 3相200V 50A

仕様、価格は、各条件によって変動致します。

I can produce the textile which used spread tow for the warp, the weft by Spread Weaving Machine. I install the thing which the warp does spread beforehand and wrapped the reel with, and it is it in form to supply the weft while doing spread in real time. Other than a standard plain weave, twill fabrics, vermilion itoori silk cloth are equivalent to every how to weave. Because Spread Weaving Machine can’t do such a hit and reed like a normal weaving machine, the speed by the present becomes seven pick front and back for one minute. In addition, the width of the warp, the output width become basically fixed, too. The reference standard specifications are as follows.

・Object Fiber: CF 12K
・Warp Number: 50 tows(MAX)
・Width: 20mm(MAX)
・Output: 1000mm(MAX)
・Speed: 7 picks/min(MAX)
・Size: (W): 3000mm (H): 2000mm (D): 3000mm
・Power: 3(phase)200V 50A

Specifications, the price change by spread width and speed

織機全体1

« Previous Entries Next Entries »

HARMONI INDUSTRY CO.,LTD. / Fiber Spreading Systems Division