当社の1錘開繊装置は、風洞管と呼ばれる独自の吸引ボックス上を、炭素繊維、ガラス繊維等の集合体繊維を通過させることにより、高い倍率での開繊を実現しています。段数を含めた装置の仕様は、開繊幅、品質(均一性)、開繊速度によって決定されますが、原糸の特性による影響も関係するため、最終的な仕様は、事前の開繊テストを行った上で決定します。国内産炭素繊維12K向けの標準的な1錘開繊装置の参考仕様は以下の通りです。

・対象繊維: 国内産炭素繊維 12K
・開繊幅:  10mm – 30mm (MAX)
・加工速度: 10m/min (MAX)(原糸、開繊幅により変動します)
・開繊段数: 原糸特性、開繊幅、加工速度等により決定 (2~4段)
・巻取:  リール巻、3インチ紙管トラバース巻
・参考外寸: 3段開繊の場合 幅:2500mm 高さ:1700mm 奥行:1000mm
・電源:  3相200V 75A

最終的な仕様、価格は、開繊段数、開繊幅、開繊速度によって決定します。

Our Single Spread Machine realizes spread at high magnification on an original absorption box called a wind tunnel pipe by passing the aggregate fiber such as carbon fibers, glass fibers or so. Basically machine specification is decided depending on spread width, quality (uniformity), and spread speed, but final specification will be decided after pre-spread test considering the fiber characteristics. The reference standard specifications of Single Spread Machine for Japanese carbon fiber (12K) is as follows.

・Object Fiber: CF 12K
・Width:  10mm – 30mm(MAX)
・Speed:  10m/min(MAX)(Depend on Spread Width)
・Spread Step: Depend on the fiber, spread width and speed (2-4 steps)
・Winding:  Reel or Paper corn(3 inch) Traverse wind
・Size:  3 Step SPread Machine (W):2500mm (H):1700mm (D):1000mm
・Electric Power: 3 Phase 200V 75A

Final specifications or price is decided on the number of step, spread width or spread speed.
一錘開繊装置3

« Previous Entries

HARMONI INDUSTRY CO.,LTD. / Fiber Spreading Systems Division